海外からの支援

2012.08.07(Tue) | EDIT

とりです。

震災から1年半、おそらく被災地以外の人たちはほとんど、もう忘れかけてるでしょう。
悪いとは言いませんが、我々特に被災3県に住む人間は、仕事のちょっとした事でも未だに影響があったり、
テレビでニュースを見れば「震災」「復興」という言葉が出るんで、忘れるなんてできません。

そんな中、昨年一緒に仕事したシンガポール在住の日本人の方がホームページを立ち上げました。

tsunami.支援@japan.com.sg←メールアドレスぽいすがサイト名です。


1万9千人が死亡・行方不明になり、2万4千ヘクタールが浸水し、原発が爆発したのですら忘れかける平和ボケした日本人より
真摯に「支援」と言うものに取り組んでくれてます。

そのサイトの中の一文。

 東京の知人が1年後に「わたし、もう震災のニュース見たくないの。 震災のニュースになったらチャンネルを変えます。」
 人はすぐに同じニュースに飽き、目の前にないものは忘れ、古いニュースには「またか、、」の反応。 
 しかし、被災地では毎日の生活、風景 にまだ大きな 震災の傷跡があり、復興、復旧は始まろうとしているところです。
 1年いた被災地を離れ、東京に1ヶ月もいると、知人の気持ちがわかるようになりました。わかってはいけないのです。 
 被災地の長い道のりを、少なくとも忘れないようにしなければ。











コメント

PageTop↑

コメントの投稿


Thank You!

プロフィール

深夜会とり

Author:深夜会とり
いろ~~んな事、書いてきます

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR