スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

西日本新聞社

2012.06.06(Wed) | EDIT

とりです。

6月6日付の西日本新聞の電子版、コラムより
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

「宮城県の女性から北九州本社に手紙が届いた」
宮城県の女性から北九州本社に手紙が届いた。
逮捕者まで出した北九州市の震災がれき試験焼却に対する抗議行動をニュースで見て、
「本当に申し訳なく思いました」とつづられていた。混乱が被災地の人たちを悲しませたことに心が痛む。

 「国や市が示す数値は信用できない」「放射能汚染が出てからでは取り返しがつかない」。
何かにつけ迷走する政権を見せつけられれば、
がれきの広域処理へ動く行政に対して、こんな不安を抱く人もいるだろう。

 北九州市は試験焼却で得られた放射能濃度のデータは独自の厳格な基準を下回ったと発表した。
専門家らの検討会も安全性を認めた。恐らく市は近く受け入れを最終判断するだろう。

 女性の手紙には「がれきと言いますが、私たちにとっては(中略)思い出の詰まった大切な物なのです」とあった。
被災地の思いを酌み取ることも判断材料の一つになる。(吉本浩明)


=2012/06/06付 西日本新聞朝刊=
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

どー思いますか。


「がれきと言いますが、私たちにとっては(中略)思い出の詰まった大切な物なのです」


どうゆう思いで書いたんでしょうね。

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


Thank You!

プロフィール

深夜会とり

Author:深夜会とり
いろ~~んな事、書いてきます

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。